大手と個人の幼児教室のメリット

幼児教室には大手の教室もあれば、地域密着型の個人の教室とがあります。どちらを選ぶにしてもメリットがあります。では、各々のメリットをこれから考えていきます。まずは、大手の幼児教室からのメリットについて考えていきます。大手を選ぶメリットは、とにかく沢山の幼児が集まってきますので、自然と集団行動が身に付くことです。幼児の間から集団行動に慣れることは、将来の人生にとって大きなプラスになります。また大手は幼児教育のデータが豊富にありますので、それを使って効率的に幼児教育を行うプラグラムを組んでいますので、幼児教育の効果がそれだけ高くなります。一方、個人の幼児教室のメリットは、こちらは少人数制になっていることが多くとてもアットホームになっていますので、講師と幼児との間がとても親密になっていることです。親密度を考えると大手よりもメリットがあります。

幼児教室の年中クラス

幼児教室でも年中クラスになると、右脳や左脳、両方の能力を上げていくことができます。今までの幼児部で培った能力を解放していきますので、違った角度から能力が開発されていきます。そして、自立しながら左脳につなげていく時期がありますので、状態を見てトレーニングをしていきます。これはプレ年中と呼ばれていることです。教室での変化ということでは、今まではお母さんと一緒の取り組みでしたが、プレ年中からは、自立した行動になるために子どもたちだけが教室で学習をすることになります。その時に新しい発見があり、素晴らしい素質に目覚めていきますので、中で見ていたいと考えても遠慮することになります。幼児教室では自立する気持ちを出すために、自分が持ち物を管理することになりますし、友達と譲り合いながら社会性を身につけていくことになります。

社会性を身につける幼児教室

幼児教室の年中クラスになると、いろいろなことを自立していくことになります。人によっては不安が取れないこともありますが、0歳児から通っている子供は何の不自由もなく雰囲気に馴染むことができます。子供の能力というのは、親が考えているほどわからないものではなく、もうすでに4歳から5歳くらいの間で、天才的な能力を発揮し始めます。内容を知らない人では、今まで制限をかけてきたこともあるかもしれませんが、まずは好奇心を持っている時期に自立させて、より社会生活を送れるようにしていくことが大切なことになります。小学校受験を控えることになる子供たちでは、社会性が面接で見られることになりますので、自分勝手な行動を避けることは言い聞かせるより、体験させることで身についてきます。自宅とは違った空間の中で興味を持って活動をしていきます。