市場調査を行うことのメリット解説

新しい店を開きたいけれど需要がどれほどあるのかわからない場合、また既存のサービスをテコ入れして収益増加を図りたい場合、新製品の開発をしたい場合などは市場調査をするとよいでしょう。これは、アンケートや街頭インタビューなどをしてビジネスに役立つ情報を収集し分析することです。ビジネスに関して有益な情報を得ることにより、有利に進めることができるため、多くの利益を確保できます。自分の会社の人員を使って行うことも可能ですが、調査を専門的に行う会社に依頼することもよく行われます。他社に依頼すれば少ないお金がかかってしまいますが、使い方によってはそれを上回る効果を得ることができるでしょう。市場を調査することにより、どのようなメリットが生まれるでしょうか。

客観的な評価を確認することができる

新しい商品についての意見を社内で求めても、自社をひいきする社員も多いため客観的な意見とは言えません。欠点を指摘しづらい雰囲気がある会社もあります。そのような場合に社外の第三者の意見を聞くことができる市場調査は有効です。今ある商品に満足しているか、どのようなサービスを提供してほしいかなどについて意見を聞くことで、新製品の開発の方向性が見えることもあります。既存のサービスに満足していなければ早急に改善する必要もあるかもしれません。社外の客観的な意見を聞くことにより、社内にいるだけでは気づかなかった問題に気づくこともできます。それにより、顧客満足度を高めてよりよいサービスを提供することができます。顧客満足度が上昇することにより、売上も上がっていくことでしょう。

新規事業や新規出店を安心して行える

もしも新しい店を出そうとしたときや、新しい分野での商売を考えているときに気になるのが需要です。商売を始めても消費者の需要がなければ売上はないでしょう。その場合に市場調査を活用します。その土地でその事業は必要とされているのか、ライバルはどれくらいいるか、ターゲットとする年齢層の人口はどれくらいかなどを調べます。店を建ててから需要がないことを知っても建築に多額の費用をかけているため移転は難しくなります。しかし、検討段階で調査しておけば調査費用だけで済みます。もしも需要があることが分かったら、安心して事業を始めることができるでしょう。また、その土地に住んでいる人を把握することで効果的な宣伝方法や受け入れられやすい内装などを検討する際に参考になるでしょう。