マーケティングをつかみ有意義な市場調査を行うためのポイント

どんなに良い製品、どんなに良いサービスを提供しても、それが顧客のニーズとは異なるものであれば売れません。企業が利益を得るためには顧客が何を望んでいるのかを知り、それに沿った商品を提供することが必要です。市場調査とは、企業が顧客を良く知ることを目的として、顧客のニーズ・ウォンツを調査し、自社の製品あるいはこれから開発しようとしている製品について顧客の意見を集め、分析するマーケティング活動の1つです。調査をすることにより販売予測ができればより売れる商品開発に役立てることができます。売れない商品があれば調査によってその原因を明らかにでき、問題点を取り除くことで売上を上げることもできます。何を、いくらで、どこで販売し、どのような販売促進をすれば良いのか。その各過程において調査し、予測と検証をすることが企業の利益拡大に繋がります。

市場調査を有意義なものにするための第一歩は目的の明確化

調査結果を役立て有意義なものにするためには、まず目的を明確化することが重要です。調査目的が曖昧なまま調査を実施しても的確な分析はできません。目的を明確化して初めて効果的な調査結果を得ることができます。そのためには調査目的を絞り込むことが大切です。例えば、ただ単に顧客のニーズを調べるという目的よりも、売れない原因を調べ、改善点を探るなどの目的を設定したほうが効率的な調査ができます。商品のターゲットを決めるために市場分析を目的とするのか、既存の商品に対する顧客の不満点を調べて、改善点を洗い出すのか、試作品を試してもらい価格決定に役立てるのか、購入者の満足度を調査し新製品開発や広告宣伝に役立てるのか、しっかりとした目的を持って調査を計画することが大切です。

効果的な市場調査をするための調査計画の策定のポイント

調査目的を明確にしたら、どのような調査をするかという計画をすることになります。市場調査の方法には、インタビュー形式やアンケート形式など様々な方法がありますが、目的によって使い分ける必要があります。新製品を試してもらい意見を求めるのならインタビュー形式のほうがより詳しい顧客の声を集めることができます。より多くの意見を求めたいのであればインターネットでのアンケート形式が適しています。調査方法が決まったら、次に調査対象を誰にし、どれくらいの数のデータを集めるのか、サンプリングを決めます。サンプリングを誤ると結果に偏りが出てしまうので適切な調査対象を定めることが重要です。計画ができたら情報収集し、集まったデータを分析します。最後に調査結果をまとめてマーケティングに役立てていく事になりますが、調査目的を達成できるような有意義なレポートを作成するために、専門の調査会社に依頼するのも良い方法です。