はじめに市場調査とはどんなことかを説明します

市場調査はマーケットリサーチと呼ばれ、数字や数値を使って現在の市場をつかみ、どうすれば商品やサービスが売れるようになるのかの対策や作戦を立てるといった意味を持っています。製品や商品を開発する際にはそれが売れるためには世間の顧客のニーズをつかみそれを製品やサービスに生かさなければなりません。このように事前に知っておくべき情報というものも多いものでこれを収集して分析を行い製作段階に役立てるようにします。市場調査の内容としては例えばある製品の所有率を調査したり、単位対象物当たりにかける値段とか、何年ぐらいすると買い替え時期を迎えるか、購入に際してはどういう点に重点を置くものかとか、競合他社さんの数とかその市場占有率などが具体的な項目になります。

具体的な市場調査の方法については

初期の段階ではアンケート調査を行って個人としての意見とか事実を把握するようにします。その後からより多くの人のデータを収集して分析段階においてはこれらから全体的な傾向を掴んだり数字を使って動向を分析したりします。代表的な方法としては消費者や顧客に対してネットを利用したり郵送の方法や対面インタビューとかアンケート調査などを行い、データ収集を行います。年齢や性別・職業などでグループ分けを行い、それぞれインタビューを行ったりして意見を引き出すという定性調査が行われることもあります。さらに第三者が消費者としてサービス等を利用して依頼主に報告する覆面調査という方法もとられることがあります。政府などの公的機関が公表している統計データから顧客の属性に合わせて数値を割り出すこともあり統計データ調査と呼ばれます。

マーケティングリサーチの手法としては

市場調査はデータや数値で現在の市場動向を知るのに対して、マーケティングリサーチはもっと広義の意味で使われ未来の市場動向についても予測と分析、考察を行います。従って厳密な意味ではマーケティングリサーチの一部とも言えます。未来予測に関しては収集されたデータから因果関係を考察して表面に現れていない潜在意識を洗い出すものとも言えます。顧客に対象となる製品や商品を実際に使ってもらいその評価を探る方法が製品テストと呼ばれその印象とか課題を浮き彫りにすることで今後の開発に生かすことが出来ます。あるいは製品を使用する前と後ではどう変化が見られるかを調査する方法もあり事前・事後調査と呼ばれています。さらには試供品を家庭に配って使ってもらい、その結果を記録して報告してもらう方法もありホームユーステストと呼ばれています。あと使いやすさやネーミングが合うかなどのテストも行われています。